高血圧症治療薬ってどんな効果?

現在、高血圧症治療薬には第一選択薬として、カルシウム拮抗薬、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)、アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE)、利尿薬、βー遮断薬があります。

血圧は、心拍量×血管抵抗で表されます。
心拍量は1回の拍出量×心拍数です。
βー遮断薬は、交感神経の作用を抑制し、心拍出量を減らすことによって血圧を下げる効果があるお薬です。

利尿薬は、腎臓の尿細管でのナトリウムの再吸収を抑制し、循環血液量を減らすことによって、血圧を下げています。
カルシウム拮抗薬やARBやACEは、血管を広げることによって血管抵抗を減少させて、血圧を下げる効果があるお薬です。

医師はこれらの中から、患者さんの状態に一番合う高血圧症治療薬をファーストチョイスとして選択します。
多くの場合は1剤では目標の血圧値にはならず、2剤や3剤以上の併用となります。
1剤だけではなく3剤も飲んでいるから重症だ、という訳ではありません。

この際の組み合わせですが、ARBとACE、βー遮断薬と利尿薬という組み合わせは、通常は行いません。
第一選択薬でも血圧が下がらない場合は、αー遮断薬や末梢交感神経抑制剤、血管拡張薬、選択性アルドステロン受容体拮抗薬(SAB)、レニン阻害薬などが考慮されます。
これらの高血圧症治療薬は、緊急に血圧を下げる必要がある場合や、褐色細胞腫やアルドステロン症などのホルモンが原因でおこる高血圧症、腎臓病が原因で起こる高血圧症の場合に使われます。
生活習慣病による高血圧の治療でこれらの治療薬を使うことは、一般的にはまずありません。

高血圧症治療薬と一口に言っても、様々なものがあります。
血圧を下げるというお薬の効果という点では同じでも、そのメカニズムは薬の種類によって異なります。
高血圧の治療薬にノルバスクという薬があります。