高血圧症治療薬と週刊誌報道でも話題の葉酸サプリ

人体にとって高血圧症は生活習慣病の一つとしても知られており、動脈硬化から糖尿病、心疾患や脳卒中などの合併症をもたらす危険が高いことで忌み嫌われます。高血圧の発症は、食生活や飲酒・喫煙などの生活習慣、ストレスなどが原因となって引き起こされる可能性が高いです。

ただ自覚症状はないため、検査を行うことで発覚することが多く、症状が初期の段階ではこういった生活習慣などを改善したりする試みが取られることとなります。ただ高血圧の目標値の達成が不可能なケースも存在し、その場合には医師の判断によって高血圧症治療薬による薬物療法が行なわれるのが一般的です。

なお一般的な高血圧症治療薬は、自律神経に働きかけるタイプやRA系によるタイプの降圧剤が用いられます。しかしながら一部週刊誌報道などにおいては、自然界に存在する葉酸が実は高血圧症治療薬に匹敵するほどの働きがある報道がなされたこともあり、高血圧症にも効果が期待できる成分としても注目されています。

人体の細胞は、アミノ酸や核酸などから出来ていますが、その細胞のアミノ酸や核酸を生成す上で葉酸が必要となり、しかもそれが欠乏すると遺伝子レベルのDNA生成に支障をきたしたり、赤血球障害まで起こしたりすることもあります。そのため、週刊誌報道でも葉酸の役割がクローズアップされ、それを含んでいるサプリまで紹介されたこともあります。

このように週刊誌報道に取り上げられたことで、天然の高血圧症治療薬としても知名度もあるのです。厚生労働省が推奨する一日の栄養所要量としては、成人男女であれば200 μgとなり、推奨量が 240 μgで上限量は 1,000μgです。

また妊娠の可能性がある女性の場合、一日400μg摂取するのが望ましいとされます。特に生野菜や果物などは鮮度が落ちると葉酸が破壊されるため、常に新鮮なものを摂取する必要があるのでサプリでの摂取が優れています。